商社の駐在員/現地採用の両面からアプローチ

salesman
ベトナムに支社を構える商社はとても多く、多くの場合には物流や営業などの仕事を行うことになります。

商社求人には駐在員として派遣される仕事と現地採用の仕事がありますが、駐在員の場合には駐在要員を外部から募集することは極めて少なく、ほとんどの場合には社内からの選出となります。

駐在員としてベトナムの商社で働きたい場合には、まずはその商社に日本で転職してから駐在員のポジションを狙うという方法も良いでしょう。最初から駐在員を募集している求人も稀に見られます。人材紹介会社を使ってそのような求人を探してもらうことです。

現地採用の場合には、ベトナム国内の仕事を幅広く紹介している日系の求人サイトなどを利用しながら仕事探しをするのがおすすめです。

比較的多い商社での仕事

ベトナムの商社で募集されている仕事には、一般事務の仕事などもありますが、現地のビジネスマンと対等に交渉したり、新規ルート開拓などの営業の仕事が多く、ベトナムの公用語となっているベトナム語に精通していることは必要なスキルとなります。

また、グローバルなビジネス交渉においては英語力も必要なので、TOEICなどを受けて自分の語学力を客観的に伝えられる方法を事前に準備しておきたいものです。

その他には、コミュニケーション能力や対人スキルなどももちろん必要ですし、業種における専門知識や技術力なども求められます。

やはり期待できる給与

vietnammansion

ベトナムの商社で働く場合、駐在員の場合には日本企業の給与体系に基づくことになり、現地採用の場合にはベトナムの物価に合わせた給与体系となるため、実際に受け取る給料の金額には大きな差があります。

ベトナム現地の一般的なお給料は手取りにすると1200ドル程度が目安となり、お給料の受け取りはアメリカドルとなっているのが一般的です。

一方、駐在の場合には、日本円での受け取り、もしくは現地に開設した口座へ現地通貨での振込等いくつかの選択肢から選べるようです。

社会保険や健康保険などの福利厚生については、現地採用の場合にはベトナムの福利厚生を利用することになり、駐在の場合には日本の年金へ継続して加入することが可能です。

このページの先頭へ