貿易・流通系にチャンスあり

ryutuugyo

世界各国からオフショア対策として進出している国の中でも人気が高いベトナムは、物流や貿易系の求人がたくさんあります。

日本企業の中にもベトナムに支社を構えて駐在員を派遣している企業もありますから、駐在員として働きたい人なら、まずは日本でそうした日本企業へ転職し、そこから社内でベトナム駐在員の選出を狙うという方法もアリです。

ベトナム現地企業からの求人、外資系企業の求人などさまざまですが、貿易や物流では専門スキルを持っていると採用されやすいため、日本で貿易事務などの経験がある人はぜひアピールして採用につなげたいものです。

語学重視、ベトナム語できれば有利

物流や貿易系の求人は、輸出や輸入に関する書類作成をする職務が多いため、語学力は必要不可欠なスキルとなります。

コミュニケーション能力も必要ですが、英語、ベトナム語などで記載されている書類を読めて理解できるスキルや、書類作成ができるスキルも持っていなければいけません。

そのため、履歴書には自分の語学力をアピールできるTOEICなどは事前に何回か受けて、できるだけハイスコアを獲得しておきたいものです。

また、職務の中では突然の事故や緊急事態が起こる可能性もあるので、そうした事態でも慌ててパニックにならずに冷静沈着に適切な判断ができる能力も求められます。

正社員、駐在員、現地採用など

japanesecorp

物流や貿易系の仕事は、高い語学力があれば貿易や物流に関しての経験が少なくても比較的採用されやすい求人がたくさんあります。

正社員の求人もあればアルバイトのものもあるので、就労ビザのサポートが必要な場合には正社員の求人に絞り込んだ仕事探しが必要と言えますね。

事務系の仕事なら、ベトナムの平均的な給料を受け取ることができますが、役職ポジションや経験を生かしてキャリアアップ的な転職となれば、平均給料の1500ドルよりも高いお給料を受け取ることも可能です。

ちなみに、ベトナム現地企業の給与支払いは、一般的には安定しているアメリカドルとなっています。

このページの先頭へ