日系企業への現地採用で転職活動の流れ

jouken
ベトナムの現地企業へ転職する場合には、就労ビザをサポートしてくれる企業を探さなければいけません。

日本にいてベトナムへの転職を希望している人の場合には、求人サービスを上手に活用しながら、就労ビザのサポートをしている企業を相談しながら求人を絞り込んでいきましょう。

一方、ベトナムに観光などで来ていてそのまま就労ビザのサポートをしてくれる企業を探すという方法もあります。

この場合、転職サービスを利用するよりも多くの現地企業求人をチェックできるというメリットがありますが、現地採用していても就職ビザサポートは行っていないという企業もたくさんあるため、効率的に探す工夫が必要です。

履歴書や職務経歴書、ほか

agent-vietnam
現地企業へ転職する場合には、まず企業側へ提出するための履歴書と職務経歴書を作成することから始めましょう。

日系企業なら日本語でOKですが、英文での提出が必要な会社もあります。転職サービスの担当者に相談して進めればOKです。

また、ベトナムで外国人として働く場合には、語学力を証明するためのTOEICスコアなども事前に受験して準備しておくと良いでしょう。

事務系の仕事ならTOEICは最低も600点以上が必要になりますが、IT系や製造ライン系など専門スキルが求められる仕事なら、語学力に自信がなくても専門技術を買われて現地企業へ採用されるケースもあります。

面接で気をつけたいこと

履歴書や職務経歴書で第1次選考に通ったら、いよいよ面接となります。Skype面接が多いですが現地まで渡航して面接する意欲があっても良いですね。

面接では、履歴書にかかれている内容をおさらいするのではなく、紙面に書ききれなかった部分を口頭で補いながら自分をアピールする機会だと考え、より具体的なエピソードなどもいくつか準備しておくと良いでしょう。

面接ではコミュニケーション能力や対人スキルをチェックされるので、恥ずかしがらずに堂々と自信を持って発言することが必要となります。

また、現地企業へ転職する場合には、その企業が就労ビザをサポートしてくれなければ日本人はベトナムで働くことができませんから、就労ビザのサポートもきちんと面接で確認しておきたいものです。

採用後の流れと渡航に関する

nikkeivietnam1

採用されたら、入国ビザとワークパミット(就労ビザ)の手続きを行うと同時に、渡航に向けで準備を始めましょう。

住んでいる場所や自動車はどうするのか、役所へ海外転出届を出すなど、海外へ引っ越すとなるといろいろな手続きが必要になるものです。

ベトナムは住宅事情が日本と同じで狭いので、家財道具などはできるだけ余分なものは持たずに身軽にして渡航できるように整理すると良いでしょう。

特に、衣料は現地で安価に調達できますし、あまり高価なものを身につけていると犯罪に合うリスクが高くなってしまうので、目立つ華美なものなどは控えたほうが良いかもしれません。

このページの先頭へ