駐在員ではなく現地採用を多くしたい理由

ベトナムでの現地採用の方の仕事というのは、日本でもらっているお給料に比べますととても安いのですが、お給料が高くて待遇の良い駐在員としての仕事ではなく、現地採用であってもベトナムで生活してみたいという方も増えてきています。

また、企業側としても、駐在員を一人現地に派遣するとなると非常に高いコストがかかってしまいますから、それよりも中長期的に考えて現地で仕事を任せることが出来る現地採用の方を求めている傾向にあります。

日本人の現地採用の方よりも、ベトナム人の方がお給料的には安く済むので人件費を抑えることにつながるのですが、それであってもすべてをベトナム人だけに任せてしまうのはちょっとまだそこまで踏み出せないと考えている企業も多いので、日本人を現地採用として雇うという需要が高まってきているのです。

2000年代後半ぐらいから、駐在員をたくさん用意して海外での事業に取り組むという時代は終わりを迎えてきています。

vietnammansion
もちろん現地採用であっても、重要なポジションを任せられたりすれば、それなりに昇給していくものですから、決して生活がつらいことはありません

また、現地採用とは言っても、実際に現地のベトナム人よりはお給料が高く設定されていることがほとんどですので、現地で生活する分には特に不便を感じることはないはずです。

アパートを借りたりする費用だったり、普段の食費は、日本に比べると非常に安いので、単純に日本でもらっているお給料の金額だけと比較することは出来ないのです。

このページの先頭へ