現地で働く日本人が少ない、今後高まる現地採用の需要

tenkatunagare1

ベトナムは、ここ最近日本人にとって東南アジアの中でもとても重要な役割を持つ国になってきました。

たとえば、ベトナムの工場を利用して製品の生産をしていきたいので現場責任者がほしい、ベトナムに進出している日本企業向けの営業担当者がほしい、といったように現地採用として働くことができる日本人の需要も高まってきているのです。

以前であれば、中国や韓国、東南アジアでしたらタイなどにそういった需要が集中していたのですが、どんどんベトナムに広がってきているのです。

ベトナムの気候や、真面目なベトナム人の性格などが日本人と合っているというのも一つの要因といえるかもしれません。

東南アジアのシンガポールやタイで働いてみたい日本人もたくさんいますが、最近ではベトナムに興味を持っている方も増えてきているのです。

ですから、需要と供給のバランスが取れるようになってきて、これから先もベトナムでの仕事内容もいろいろと増えていくことが予想されます。

ただ、まだまだベトナムの情報は日本人にはあまり知られていませんから、実際に現地で働くにあたって、文化について、生活について、ベトナム人の気質について、現地の気候について、いろいろと調べていく必要があるでしょう。

観光でベトナムに行くのと、ベトナムでの就職や転職のために実際に現地で生活をするのでは異なる点が多いので、今現在現地で生活している日本人の方の情報などもチェックしておきますと安心です。

このページの先頭へ