現地採用で雇われたときの給料

ベトナムでの就職・転職を考える場合、日本で就職した上で駐在員として現地に派遣されるケースですと、お給料面などはきちんと保障されますから特に何の不便もなく生活することができます。

ただし、現地採用となりますと駐在員とのお給料の差はかなり広がってきます。

ベトナム人がもらっているお給料よりは多少いいかもしれませんが、日本円で換算するとパッと見はとても少ないので驚く方も少なくありません

ベトナムで現地採用として雇われる場合、お給料はその方のスキルや知識、資格、どのような職種で働くのか、そしてどのようなポジションに就くことができるのか、また基本的なこととして語学力や新卒なのか、それとも経験を持っている上での転職なのかなどによっても違いが出てきます。

たとえば、基本的なお給料は日本円にすると大体150,000円から250,000円程度といったケースが多くなります。

ただし、これは今まで日本でも実務経験を持っていたりして、英語力などもビジネスレベルで問題ない方の場合です。

もし、英語はできるけれども日常会話程度でビジネスレベルに達していなかったり、新卒で今まで実務経験がない方の場合には、いちばん少ないお給料で考えると、大抵月収100,000円ぐらいからのスタートになります。

もちろん、これはあくまでも平均ですから、ベトナムでの現地採用であっても、職種やポジションなどによっては日本でもらうのと同等のお給料をもらえるというケースもあります。

ベトナム現地採用でも高めのお給料をもらえる人材と職種とは

jisin

ベトナムは、日本よりも物価がかなり安いですからそれに伴って現地採用の場合にはお給料も日本に比べると安いことが多いのです。

ただし、必ずしも安いお給料で生活しなくてはならないわけではなく、もちろん職種によっては高額なお給料をもらえるケースもあります。

たとえば、ベトナムで働く場合には基本的には英語ができれば特に問題はありませんが、ビジネスレベルの英語だけではなく、ビジネスレベルのベトナム語ができたり、さらには市場価値が高いスキルを持っている、実務経験を持っているような方の場合には、現地採用であっても日本円に換算して300,000円から500,000円程度もらっている方もいるのです。

ベトナムは建物等もこれからどんどん先進国と同じようなものを作っていくことになりますから、建設や設計といった分野で卓越した技術を持っている場合には、とても高いお給料でオファーを受けることもあるのです。

こうした専門的な資格やスキルを持っている場合には、日本で働いた場合にもお給料はとても高くなりますが、ベトナムで働いた場合にもたとえば日系企業に関わるような仕事をするのであれば、日本と同じくらいのお給料がもらえたり、場合によっては日本でもらう分以上の給料を提示されることもありますから、資格を持っていて、英語やベトナム語などの語学力に長けていればとてもチャンスが広がります。

また、その他にも最近ではベトナムでIT企業がたくさん設立されていますから、日本人のIT技術者、さらには現地の開発チームなどをまとめることができて、日本との懸け橋になれるような方の場合には、高給での需要が高まってきているのです。

このページの先頭へ