駐在の転職のための流れと進め方

jouken

ベトナムに進出している日系企業で働きたい場合には、ほとんどの場合、求人募集は日本で行われています。

そのため、現在日本で生活していてこれからベトナムで働いてみたいなと考えている人にとっては理想的な働き方と言えるのではないでしょうか。

ベトナムに進出している日系企業はたくさんあり、大手企業から中小企業まで多種多様です。

しかし多くの場合、駐在員は社内で選出することが殆んどなので、駐在員としての求人募集が外部に出されることは稀です。

駐在要員の求人募集が出されるのは、現地に新しく工場を建てる際の人員を募集していたり、現地で新規で顧客開拓の必要がある場合などが多いようです。

募集枠が数が少ないためすぐ応募を

nihonjinbiz
ベトナムに駐在員として働ける求人募集を見つけたら、すぐに応募するようにしましょう。

駐在員の仕事はとても人気があるため、マイペースで考えているうちにあっという間に埋まってしまいます。

タイミングよく見つけてサッと応募することが、採用への近道となります。

転職サイトや求人サイトに登録しておいて、ベトナムへの駐在員の求人が出たらリアルタイムで通知してくれるサービスを利用する方法もおすすめです。

応募に関して必要なのは日本と同じように履歴書と職務経歴書になりますが、出された求人に対していかせるスキルを出来るだけ細かく記載したり、語学力をアピールするために事前にTOEICを受験しておくなど、あらかじめ準備をしておくことが必要です。

ベトナム駐在員は、英語力に加えて現地の公用語となるベトナム語にも精通していると、採用につながりやすくなります。

普通の日本での転活と同じように臨む

面接では、履歴書や職務経歴書に記載されている内容を元に、自分の経験や活かせるスキルを面接官に対してアピールしていくことになります。

面接で注意したいのは、面接においては履歴書や職務経歴書の内容を確認するためのものではなく、実際に対面で話をすることによってコミュニケーション能力をチェックする機会という点です。

日本国内ではなくベトナムという海外で現地の人と対等にビジネスの交渉をしなければいけないわけですから、コミュニケーション能力や対人スキルなどは必要不可欠なスキルと言えます。

入社と渡航について

jisin

採用されたら、渡航前に就労ビザを発行してもらうことになります。

就労ビザ発行までには少し時間がかかりますから、その間に渡航の準備を進めておきましょう。

役所に転出届を出したりして書類上の手続きはたくさんありますし、住んでいる自宅や家財道具、自動車はどうするのかなど、考えなければいけないことはたくさんあります。

ベトナムの住宅事情は日本と同じようにそれほど広くはありませんから、できるだけ身軽に最小限のものに抑えるようにしましょう。

高温多湿な環境なので、ものによってはカビが生えたりするリスクがあります。

会社とよく相談しながら何を持っていけばよいのかを決めたいものです。

また、現地の駐在員と連絡を取って、住宅や交通手段などの相談をしておくことも良いでしょう。

このページの先頭へ