駐在員の人物条件のこと

tenkatunagare1

駐在員としてベトナムで働きたい場合には、現地採用されるよりも高い語学力が必要となります。

その理由は、ベトナムへ駐在員を派遣している日本企業の多くは、社内で駐在員を選出することが殆んどで、社内で激しい競争を勝ち抜かなければ駐在員になることができないため、必然的に求められる語学力がかなりハイレベルになってしまうわけです。

ベトナムでは公用語はベトナム語となるので、ベトナム語に精通していることも必要ですし、ベトナム語があまり得意ではなくても英語の語学力ならTOEIC900点以上なければ駐在員として選出されることは難しいでしょう。

現地の人と対等に交渉できる語学力が必要な仕事なので、ベトナムで働くことを希望している人は普段から英語とベトナム語のスキルを磨きたいものです。

日本企業の駐在員として派遣される場合には、語学力と合わせてハイレベルな実務スキルも必要となります。

製造業やIT業等、その業種や職種によって必要な実務スキルは異なりますが、製造業ならラインシステムのメンテナンスやシステムエンジニアなどのスキルがあると採用されやすくなります。

駐在員として働くためには、指導が必要なレベルでは十分ではなく、問題に直面しても自分で解決策を模索しながら現状打破できる応用力や実力は必須となります。

駐在員として派遣される場合、企業の規模やベトナム支社の規模にもよりますが、場合によっては現地の従業員とコミュニケーションをとりながら職務をこなさなければいけない場合も少なくありません。

そのため、語学力や実務スキルが必要なことは言うまでもありませんが、コミュニケーション能力や対人スキルなども持っていなければいけません。

駐在員は、少ない人材でより大きな責務を担うことが多いため、プレッシャーやストレスに負けない精神力を持っていることも必要です。

ベトナムへの駐在員として派遣される場合、その企業の規模によっては役職ポジションとして派遣される場合もありますし、役職でなくても駐在できる場合もあります。

いずれの場合でも、駐在員として派遣されるということは、将来的にはその企業での輝かしい活躍が期待されているということですから、駐在の時には特別な役職でなくても近い将来に役職に就ける可能性はかなり期待出来るといえます。

ベトナムに駐在して現地の暮らしが気に入れば、日本へ帰国したのちに再びベトナム駐在を希望することも可能ですし、経験と実績を積みながら役職ポジションをゲットするという方法もアリです。

このページの先頭へ